お中元の短期アルバイトはこの情報サイトで!

和菓子とコーヒーのお中元でのアルバイト

6月の中旬から7月の下旬までお中元の短期アルバイトの募集があり、初めての経験でしたが、楽しいことや厳しいことなどを学ぶことができました。カステラとコーヒーなどをメインに出荷の仕事であり、伝票を見ながら商品を発送していきます。

 

箱詰めのラインでの仕事があったり、そうかと思えば入荷してきたものを積み降ろすといった仕事もありました。いずれにしても夏の暑い時期ですし、汗をかくのですが、食品を扱うということで汗が垂れないように注意することなども大切です。

 

場内はエアコンが効いていますので涼しい中での作業でしたのでこの点がよかったです。この時期にいつも募集をかけるようで全部で14-15人くらいの人たちが働き、ほとんどが近所の主婦という立場で来ていました。

 

仕事が始まるのは朝9時であり、始まると、ほとんど話をする余裕もなく、次々と仕事があり、お昼、そして1日はあっという間に終わってしまいます。

 

一番忙しい時で夜の8時までかかる時がありましたが、ほとんどは午後5時に終わる仕事でしたからその後の予定も立てやすく、自宅からも近いということで負担の少ないアルバイトであり、ちょっとした臨時収入になりました。

倉庫での梱包・包装作業

二年前の六月から七月にかけて、お中元の品物を包装、梱包する短期のアルバイトを経験しました。時間は朝八時から五時でした。それが基本の勤務時間でしたが時々残業があり、その場合には夕方六時、七時になってしまうこともありました。

 

しかし残業は可能な人だけ残る形で、強制ではありませんでした。時給は850円。交通費は出ませんでした。デパートからの請負で、ある運送会社の大きな倉庫三か所が主な作業場でした。梱包作業の他には、ベルトコンベアで流れてくる品物の伝票の位置を目視で確認したりすることもありました。

 

そこで私と同じように働いていた人たちの層は、40代〜50代の主婦がほとんどを占めていたと思います。まだ30代では若い方だったので、重い箱の商品の梱包などは、もっぱら若い層が担当しました。七月に入ると倉庫内は蒸し風呂で状態で、暑さとの戦いでもありました。

 

でも一時のバイトとしては作業も数日で覚えてしまえる簡単なものだったので、気楽にできて良かったと思います。

夏休みにお中元配達のバイトをしました

大学1年の夏休みにお中元の配達員の短期アルバイトをしました。場所は大学の近くの東京の笹塚でした。配達する前日に配達伝票が出るのでそれを見て荷物が多いときは朝の5時くらいから出社して仕事を始めていました。終わる時間は当然、配達が終わるまでです。

 

遅いときで夜の9時、10時まで配達していたと思います。あまり遅く配達するのは迷惑かも知れませんが、昼間は留守の家も多く結果として夜になっていたのです。平均すると1日に100個くらいのお中元を配達していました。

 

軽自動車を運転して配達していましたが住宅街は細い道が多く、慣れないうちは迷子になることもあって大変でした。それ以上に大変だったのは大きくて重量物の荷物を配達するときでした。マンションの高層階まで配達するときはエレベーターがあっても重くてヘトヘトになってものでした。

 

バイト代はそれなりに良かったので夏休みの間で結構お金が貯まり嬉しかったです。この年はゴールデンウィーク 短期バイトでも条件の良い仕事があったのでとてもラッキーでした。

各地域の人気デパートでお中元の短期バイト募集を探す!

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知/三重/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄/

2015/07/08 20:16:08 |
ずっとアルバイトをしたいと思っているのですが、両親が心配症な所があり、やらしてもらえない状態です。アルバイトも、周りの子がみんなやっているような状況で、これから始めていければと思っているのです。しかし、色々な部分で両親も心配をしているのではないのかなと思います。アルバイトをするなんて、まだ早いなんて...
2015/07/03 12:33:03 |
今、実家から大学に通っているのですが、距離が少しあるので通うのが大変だと思うようになっています。通えない距離ではないのですが、もしもアパートを借りたりしたら、すごく楽になるだろうと思うようになっているのです。そのために、これから貯金をしようと思います。やはり、アパートを借りようと思ったら、敷金や礼金...